スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

「夢ってのは呪いと同じなんだ」

2018.09.27 17:34|母日記
「呪いを解くには、夢を叶えなきゃいけない」
「でも、途中で挫折した人間はずっと呪われたままなんだ」

俺は天才だったのに。エースだったのに。期待のルーキーだったのに。アニメ化目前だったのに。
十五年の雌伏を乗り越え、爆発的デビューを飾った麒麟児だったのに。どこで間違ったのだろう。
最初から間違っていたのだ。俺は天才じゃない。天才は十五年間もワナビをやらない。
天才はたかが新人賞に十五年もかけない。たかが最初の関門に大騒ぎしない。

- 中略 -

傾向を掴み、分析し、成功の法則を考える。実践する。成功する。それだけだ。シンプルで最強の必殺技。
俺は出来なかった。やろうともしなかった。今さら勉強する事なんか出来やしない。
俺にあったのは勢いと情熱だけだった。それだけしかなかった。

ラノベ作家になった俺が絶望して引退するまでの10年間を書いてく


Twitterで流れてきたまとめサイトの文章を読んでいたら海堂直也のセリフが頭を過ってしまった。
まとめの作者は夢が叶わなかったわけではないんだけどね。そもそも夢を叶える、叶えたってどういうことなんだろうね?
井上陽水に云わせれば「夢はつまり思い出のあとさき」なので、そう思えたなら、今この時を幸せと感じられるなら夢はすべて叶っているような、そんな気にもなる。つーか少年時代って本当いい歌だなあ。

マスが喧伝するお世間様の声はいつもわたしの頭上彼方から、天の声のように降り注ぐ。
どこぞのキッズがYoutuberになりたいと語れば嘲笑するし、公務員になりたいと語れば嘆息して嘆く、ように聞こえる。わたしには。
昔々の天の声は「職業選択の自由~アハハン~」とか「24時間戦えますか~」なんて歌ってた。

麻原彰晃は生ダラで青春の死を語っていたし宮台真司は援助交際は自己決定権拡張の現れと肯定していた。てかもうエンコー推進してた。そう見えた。親は「自由に生きなさい」「やりたいことをしなさい」と言うのに、その自由は常に"親の想定範囲内の自由"だったし、やりたいことはわたしのやりたいことではなく"親がやらせてもよいと思うこと"だった。

そんなこんなの、世間も大人も親すらも信用ならない時代を掻い潜りやっとの思いで辿り着いた先が就職氷河期。卒業するのがこわかった。でももう学生として生きていく余裕もなかった。下手したら(うまくいけば?)そのときに死んでるはずだった。

自分自身が納得できる落としどころもないままに今日まで生きて、過去になってしまいさえすればなんだかんだで幸せで、こうして死ぬまで生きていくんだと思う。

だからこそ自分で選んで自分で決めることが何よりも大事だと思ってる。正しさは自分の中にあるし、自分の中にしかない。



555つながりでライムスターonece againかなと一瞬思って、息子が最近またよく聴いているという環royにした。

まとめサイトのコメ欄は長すぎうざいとか書かれてるけどおばさんは少し泣いてしまったよ。自分語りなんて外連味に溢れてこそじゃんね。今は2児の父親だというこの人が幸せでありますように。なんやかんやのどっかこっかで伝わったり伝わらなかったりもするのがわーるどわいどうぇぶのいいところだと思ってるからこうしてブログに書きました。
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
関連記事 ▶ ▶ ▶ すべての記事

Comment

非公開コメント

Profile

母さん

Author:母さん
2000年生まれの息子の母です。
家事全般が苦手です。

Category
Recent Posts
Popular Posts
Archive

Search

!!!
Ad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。