受験校選び

2015.10.06 23:39|高校受験
夏休みが明けて以降、毎週末なにかしらの予定が入っており、母もしんどくなってきました。体育祭に文化祭、学校説明会に個別相談会。
第一志望は決まっているので私学を中心にまわっていますが、何を決め手に選べばいいのか、選択肢が多くて悩みます。

50前後の偏差値帯の場合、進路は大学進学を前提としつつも部活動や体育祭&文化祭などの学校行事にも力を入れている学校が多い模様。クラス編成は習熟レベルによるコース制や文理によるコース制、共通クラスによる授業選択制などいろいろ。それも1年時からなのか、2年時からなのか、はたまた3年間ずっとなのか。文転理転は可能なのか否か。
エトセトラエトセトラ。

進学のためのアプローチも色々ですが進学先としてあげられる大学名は似たり寄ったりという印象です。
早慶上智の合格数は学部合格数を人数換算してるという話を見聞きしますが、結局は生徒のやる気次第なのだと思いました。

息子自身は、気になる部活のある高校と文化祭が華やかだった高校を「いいな」と感じたそうです。
特に文化祭は凝った装飾やステージ、ひしめく出店に圧倒されていました。そりゃあ、公立と比べてしまったらそうだよね。
君が言うアニメや漫画でみたことのある文化祭を可能にしているのは私学ゆえの潤沢な資金なのだよ、その資金源はお父さんやお母さんが支払う学費なのだよ、とその舞台裏も伝えておきましたけど。

先々の進路を見据えてみたとき、現状を維持した状態であれば私大に進むことになるでしょう。
第一志望が叶った場合、その先の進みたい道もおぼろげながらも決まっているようです。正直、お金のかかるパターンです。
もしも国立を志望するようであればそのためにかかる予備校代はいかほどまんえんですの!?!?!?!?!?!?という感じで、公立でも別段リーズナブルに感じられない台所事情。それが高校から私学となったらどうなってしまうのか。
煌びやかな青春は高価だなあ、でもそれがお金で買えてしまうと考えればお得なのかなあ、などと考え出したらキリがなく。
だって息子がお気に召した私学、ノートですら指定品があるんですもの;;

と、ここまで書いておいて、真に書き記しておきたいことは別だったりします。
ぶっちゃけハード面なんてどうでもいいんです。青春を青春たらしめるのはソフトだと思うんです。結局薬局人なんです。

10代の記憶は美しく鮮明に残るのだとか。楽しかった記憶なんてそれこそ未来永劫輝き続けてその先にどんな困難が起こったとしても思い出を糧にどうにでもできてしまいそう。じゃあ辛い記憶はどうなのか。終われないモラトリアムを引きずりながら自己啓発に精を出すのでしょうか?辛いのに美しいって超絶しんどそう。想像しただけでもうしにたい。

息子はちょっと変わっているかもしれません。趣味や嗜好や興味の対象が、メインストリームからちょっとずれてる気がします。
それは本当に些細なことだけれど、学校という狭い世界では悪目立ちしてしまうかもしれないし、そんなの杞憂なのかもしれない。外の世界からではわかりません。わたしが過保護なだけの気もします。
それでも多様性が認められる雰囲気かどうかを重視したいと思うのです。団結も絆も大賛成だけれど、そこに至るプロセスが個を蔑にしないものであってほしいのです。
人生は選択の連続です。今この選択の先の3年間は、わたしからみれば短いけれども、15歳の子供からみれば十分な時間です。18歳からみたってそうです。高校生活のすべてが輝かしくなくとも、そこで過ごす時間を愛おしく思えるようであってほしいです。

わたしも夫も、たぶんちょっと変わっているかもしれません。わたし自身は義務教育を終えて選択肢を得たことで、すごく生きやすくなりました。「もうこのままでいいや」が「このままでいいんだ!?」を経て今に至ります。似ているようで全然違います。

そして何を書きたかったのかわからなくなりました。もうすでにだいぶ冗長なのでこの話はおしまいです。唐突!
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
関連記事 ▶ ▶ ▶ すべての記事

Comment

非公開コメント

Profile

母さん

Author:母さん
2000年生まれの息子の母です。
家事全般が苦手です。

Category
Recent Posts
Popular Posts
Archive

Search

!!!
Ad