夏期講習終了

2018.08.27 20:05|大学受験
先週の土曜日で息子のとっていた予備校のクラスの授業はすべて終了。
猛暑のせいでお弁当を持参するのも気がかり、というわけで予備校での昼食代が地味に家計を圧迫しましたね。荷物も多かったし仕方ないっちゃまぁ仕方ない。
それよりも高校3年生の天王山、立派に制したのかどうだか

夏期講習は志望校対策をメインに英語の基礎をプラス。
その英語クラスで中受時代の塾友と再会したそうです。その子はちゃんと中受に成功して都立一貫校に通学中だそうですが、まさかここで出会うとは!
お互いの志す進路にびっくりしつつも楽しい時間を過ごせたみたいです。

夏期講習そのものが毎日刺激に満ちていたらしく、コース主任や講師との会話はもちろん、デモンストレーションに来校してくれた去年度の学生さん(※現役合格の大学1年生)ともLINE交換してもらったそうで意識だけはしっかり受験生になった様子。
その調子で実力もメキメキついているといいよね!ついているといいな!!!

息子は今回の夏期講習が予備校デビューだったので、浪人生の存在や期間講習限定で寮生活をしながら予備校に通う地方組の存在を身近に感じられたのもよかったと思います。彼奴は人生を舐めてる節が大いにあるので。

いやはやしかし。浪人については覚悟している部分も実はあるけれど、地方組の、その親御さんの負担を想像すると他人のわたしの胃が痛むというか、もう本当に尊敬しかないっす。もちろん受験生本人であるお子さんの努力あってこそなのは前提だろうけど、でもその努力を当たり前にできる子育てをしてきたのも親御さんなわけで、いやもうほんと凄いっす。
息子と比べて明らかに"背負ってる"人たちと肩を並べて学ぶことで息子にも大学受験のシビアさは十分伝わったことでしょう。

予備校が休みの日曜日には花火見に行ったり&花火したり、部活の応援にも行っていたので夏休み自体もちゃっかり満喫。そのツケで始業式までの残りの1週間は学校課題地獄になっていますけど自ら選んだ修羅の道ですからね。
明日できることは今日しない!という舐め腐った人生哲学を標榜する息子、せめて賢いキリギリスでありますように
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
関連記事 ▶ ▶ ▶ すべての記事

Comment

非公開コメント

Profile

母さん

Author:母さん
2000年生まれの息子の母です。
家事全般が苦手です。

Category
Recent Posts
Popular Posts
Archive

Search

!!!
Ad