巡り巡って小論文

2018.08.28 20:03|息子観察記
昨夜のさくらももこさんの突然の訃報、ショックでした。
全国250万乙女の端くれだったわたしも小学2年生より『りぼん』を愛読。ときめきトゥナイトや星の瞳のシルエットなどのキュンキュンなラブストーリーに胸をときめかせる一方でちびまる子ちゃんやお父さんは心配性で無邪気に爆笑していた子供時代でした。
その後高校生になってももものかんづめ等のエッセイが出れば買って読み爆笑(ときに涙ぐむ)、コジコジも神のちからっ子新聞も持ってます。永沢君は小5~中2男子に一押しです。思春期男子をお持ちの保護者の方が見ていましたら絶対お子様に薦めてください。損はさせません。(中3以降の男子が読んだってもちろん超絶面白いんだけど、そこは勉強をしてほしい母心だから……)

そんなこんなの"わたしのおススメさくらももこ"、掘り下げようと思えば色々出てきそうなのですが、母親目線でとても感謝しているのがこれです。これらです。

  

ちびまる子ちゃんの満点ゲットシリーズ!!!
我が家では上記の3種類を続編も含めて愛読していました。このブログを始めたきっかけである息子の公立中高一貫校受験、その適性検査対策の一助になればと購入したのです。

いわゆる漫画で読んで覚える系は学科問わずドラえもんのようなスーパードメジャーキャラからその物語用に生み出されたオリジナルキャラものまで多種多様。店頭でそれらを読み比べてみて、原作に劣らないほんのり黒い笑いも含むちびまる子ちゃんシリーズを選んだのでした。漫画として読める面白さなので息子も普通に読み返して笑っていました。まあ原作てだけでさくら先生が描いたわけじゃないんですけどね。それでもキャラ設定に妙なブレとかないので安心して読めます。

嗚呼されど、こんな、取るに足らないと思われた些細な経験が、まさか小論文に活きてこようとは;;

予備校での夏期講習、小論クラスでは結構褒められてたようなのです
お調子者ボンバーだから良くできたときだけは未だに見て見て!聞いて聞いて!な息子、講評用に受講者全員分をコピーして配布された原稿をわたしに読ませ感想を強いる日々でした。が、なるほど、確かに悪くはない。ちょっと論拠不十分かなというような文章でも最後まで読ませる力はある、みたいな??曰く、

「最近付け焼刃がさ、意外と普通に、気が付いたら刀になってたみたいなんだよね」

と。息子自身、頭の中の引き出しの中身全部ぶちまけて口八丁手八丁で強引に結論に導いているという自覚があるようなのですが、それでも手応えを感じる、と。

「なんかさ、いずれ反面教師的に、所詮付け焼刃だったか、みたいに思う時が来るだろうと思ってたのよ」
「やっぱりダメだったか~、みたいな、いつかは真剣用意しなきゃな、て」
「でもさ、使い続けることで無意識に鍛錬してたみたいなんだよ」
「あれ?これ切れんじゃね?みたいな」
「いやー、継続は力なんだーーて思ったわー」

そもそも中受に向かったきっかけが1/2成人式での作文が好評だったからで、まじで?それじゃあ目指しちゃう??みたいなノリで漕ぎ出した中学受験海峡だったんですが、そういう原初のものが損なわれずに上手く使えている自負まであるならよかったな、と。中学受験は残念だったけど作文嫌いにならなくてよかったよ。
そして母ちゃんが、よかれと思ってした行いも少しは役に立っていそうでよかった。

という最近のやりとりを思い出し、さくらももこ作品を思い浮かべ、53歳、早すぎる、と改めて思った次第です。
ご冥福をお祈りします。



西城秀樹もそうだけど、コーネリアスが曲作ってたんだもんなー。カヒミも歌ってたしねー。おお90年代~!
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
関連記事 ▶ ▶ ▶ すべての記事

Comment

非公開コメント

Profile

母さん

Author:母さん
2000年生まれの息子の母です。
家事全般が苦手です。

Category
Recent Posts
Popular Posts
Archive

Search

!!!
Ad