スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

3歩進んで2歩下がる

2018.09.06 17:42|大学受験
Q. 予備校の後期授業料の支払いを終えてから受験に対する迷いを吐露されたお母さんの気持ちわかる?

A. めちゃしんどい。

下がってるのは2歩だろうか?1歩は前進しているのだろうか?そもそも息子は前を向いているのだろうか?ねえ、前ってどっち?てか今どこにいるの?

という暗黒を、またもや親子で彷徨ってしまった。

手元の記録によると息子から進路の話が切り出されたのが2018年3月20日で、このときは家族全員集合しての話し合いというか、息子の意向を聞きーの、それに対する親サイドの意見を超ーーー気遣って返し―の、さらなる返答を促しーの、な3~4時間だったと記憶。そこで最終的には表現を生業にしたいこと、進路は4年制大学への進学、という意思を確認&共有。

高2から今年の6月末までの間に訪れた国立2校、私大3校の中で志望校確定(仮)。
それまでゆるーーーく考えていた範囲から大きく逸脱した、どちゃくそ過酷な選択に担任の先生も反笑い。(わかる)
なにせAOで進学するつもりでいたものね。本人も親も先生もね。どうしてこうなったのセンター利用の一般入試。ドラゴンボールで例えるならば魔人ブウ編突入ですよ。大学入試はセル編くらいの気持ちでいたのに。

具体的な志望校の決定(仮)により、とりあえず高2の冬から通っていた個別の英語を今年の7月に解約し、夏期講習から予備校デビュー。大いに悩み楽しみながらも夏期講習終了。本人の意思を再確認したうえで後期入学の契りを交わしてきたわけです。

ウン、確認した。予備校通うって息子言ってた。コースも継続で問題ないって、息子言ってた。

否、夏期講習中も何度も悩んで立ち止まって、ふとした時にこぼれてしまったであろう弱音もナイスレシーブスキル最大限に発揮して拾って、めっっっっちゃ気ぃ遣ってお話してきましたけどね!
8月6日とか、8月18日とかね!(メモ魔)

しかし昨日はなかなかに参ってて、まあ課題地獄で徹夜オブ徹夜、食事をする余裕もない、みたいな無茶苦茶な生活していたせいで肉体的な疲労もあったと思うんだけどね、それにしたって根幹から揺らいでしまってるみたいな、それはちょっとやばいんじゃないのーっていう。
てかもう瞬間的にこれはYAVAYと確信してしまったんだけどさー。
でもここでわたしが動揺したら息子が余計に落ちていきそうなのでコンマの世界で母の仮面を装着したわけですよ。
しかしなー、、今から志望学部変更したら支払った予備校の授業料はまるっと無駄になってしまう……それはちょっと、我が家の家計的にちょっと……><。

「やりたいことを仕事にして生きていく意義がわからなくなったんだよ」

「それは趣味でいいんじゃないかなって」

「そもそも、本当にやりたいのかなって」

その気持ちはとてもとてもとてもよくわかるので、なんとか母のようにならないでおくれ、と祈るばかりです。
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
関連記事 ▶ ▶ ▶ すべての記事

Comment

非公開コメント

Profile

母さん

Author:母さん
2000年生まれの息子の母です。
家事全般が苦手です。

Category
Recent Posts
Popular Posts
Archive

Search

!!!
Ad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。